交通事故専門の弁護士へ相談を。

交通事故:いつ


通る

交通事故の被害に遭った場合にはいつ弁護士に相談すれば良いのか迷います。

出来るだけ早く相談した方が良いのですが、タイミングとしては怪我の治療を始めた頃が良いです。
交通事故の被害に遭った際に弁護士を活用する一番の目的は、示談金の交渉に関してです。

交通事故後すぐに保険会社から示談金の提示がある訳ではありません。
仮に有ったとしても怪我が完治する前に決して示談金を受け入れてはいけません。

ではなぜ怪我の治療が始まった段階で弁護士に依頼するのかと言うと、適切な治療費を受け取る為です。
保険会社によっては怪我が完治する前に治療費を打ち切るケースがあります。

その様な場合でも弁護士が保険会社と交渉をして、治療費の補償を継続してもらえる場合もあります。

他にも、加害者との話し合いで示談交渉が上手く成立するケースはほとんどなく
特に被害者のほうが立場的に弱くなって、相手の言うことをそのまま受け入れてしまう
ということもありますので、被害者側としてもなぜ被害に遭っているのにお金を出して
弁護士に依頼する必要があるのか疑問に思われるかもしれませんが、
総合的に見て、弁護士に任せた方が確実ですし安心できます。

banner

 

また怪我の治療を行ったとしても後遺症が残ってしまった場合には、後遺障害等級が認定されますが、
適切な等級で認定されているか調査も行ってくれます。
いつでも弁護士に相談することは可能ですが、出来るだけ早く相談するように心がけることが大切です。