交通事故専門の弁護士へ相談を。

交通事故:計算

事故の危険性交通事故にあったら、まずはけが人の救護です。
意識がもうろうとしていたり、出血がひどい場合は救急車を呼びます。

そして警察に電話して事故検証をしてもらいます。
被害者は必ず病院にいって診断書を書いてもらいましょう。 

すぐには痛みを感じないことも!事故時に病院へ行かないリスク

交通事故にあってしまった場合、事故直後は体にアドレナリンと呼ばれる
成分が分泌されているため、体が興奮状態にあり、痛みを強く感じない可能性があります。

そのためその時に痛みを感じなくても、後で症状が悪化してしまったり
日常生活が送れない程の状態になってしまう可能性があるため、
交通事故にあってしまったら、自覚症状が一切無くても必ず病院で検査を受ける必要があります。

事故にあって出血が認められる場合や、自分自身で明らかに
痛みを感じたり、打撲などの症状が目に見える場合は、
救急車を呼んで病院に行くという方が大半です。

しかし、出勤途中で急いでいる時などは、病院に行かずに
そのままで済ませてしまう方も少なくありません。

そうなるとその後の損害賠償のトラブルが起こってしまう危険があるのです。

事故にあってしまった場合、動ける場合は近くにある病院に直接行くか、
救急車を呼んで適切な処置を受けます。

この時に医師による診断を受けることで、その後の損害賠償請求が
非常にスムーズに勧めることが可能となります。

この時に事故と怪我の因果関係を診断書で出すことが出来ないと、
損害賠償を受けることが出来ないリスクもグッと高くなるので
後日病院に行くことがないようにする必要があります。

後々問題が起こりやすいのが交通事故

事故検証もせず、診断書ももらずお互いに解決しようとすると、
わざと大げさに痛みを訴えたり、後になっていろんな症状を訴え、
多額の慰謝料を請求したりする被害者もいます。

そんな時は弁護士に相談しましょう。
交通事故の場合、被害者の治療費は基本的には加害者側の任意保険を使います。

怪我をした人

もし、被害者の健康保険を使わしてくれと保険会社に言われても拒否してください。
交通事故の慰謝料は病院に1カ月に何日入院したか、何回通院したかで、計算して支払われます。

回数が多いほどたくさんでます。頚椎捻挫ぐらいなら、3~5カ月でたいてい終わります。

ケガや症状が良くならず、日常生活に支障がある場合は医師の判断で後遺障害となり、
別に慰謝料がでます。慰謝料に不満がある場合は弁護士をたてて解決しましょう。

よく、保険会社の言うことを鵜呑みにして慰謝料額をそのまま受け入れてしまう
人もいます。また、弁護士に依頼すると余計な費用がかかるのではと心配される方もいるようですが、
弁護士に任せることによって大きく結果が変わることも珍しくはありません。

慰謝料の計算

裁判になると弁護士からカルテの表示を病院に求めますが、自分でも手帳に事故の様子や
入院、通院日数など記録しておいたほうが有利です。

あとあと何か聞かれた時に、どのような状況だったのか、病院で何をしたなど
全てを記憶するのは難しいですし、手帳に記録として残しておくとすぐに思い出せるので便利です。