交通事故専門の弁護士へ相談を。

交通事故:労災保険

事故の危険性交通事故に遭った場合に弁護士に相談することは、思わぬ効果を得ることが有ります。

例えば、通勤途中や勤務中に交通事故に遭ってしまった場合、
相手方の保険を使用するよりも労災保険を利用する方が有利な場合が有るのです。

交通事故の場合には加害者が被害者の損害賠償を行うのが原則ですが、
その加害割合によっては全額が負担されない場合も有ります。

また事故直後はその加害割合の認定が定まらない場合も多いため、
その場合には自ら治療費を立て替えなければならないことになるため、非常に不便な思いをすることになります。

労災保険で有れば窓口での支払いを行うことなく全額労災保険で負担されるので、非常に便利です。

労災保険

さらに、労災の場合には特別給付金という制度があり、この支給を受ける事が出来ます。

相手方の保険から支払われる場合も給付金が有りますが、この金額は加害割合によっては
相殺されることも多いため、給付されないことも少なくありません。

交通事故に遭った場合には弁護士に相談することで、適切な対応を指示してくれるメリットが有ります。

通勤途中

また、通勤途中などの場合、労災保険がそもそも降りないのではないかといったことや、
会社側に迷惑をかけるのではと思われる方もいるようですが、そもそも労災保険というのは
労働者のためにあるものであり、会社に向かうために家を出た時点でそれは適用の範囲に入ります。

そこで会社に気を使って保険を使わないのは論外です。
疑問や不安がある場合にも、弁護士に相談してみると良いでしょう。

通勤時の事故で使える「労災保険」の仕組み

企業に勤めている会社員が通勤時に事故に遭った時に労働者災害補償保険というものを使う事が出来ます。
これにより事故によって必要になった治療費を会社で支払ってもらうことが出来ます。

ただし、例えば飲み会の帰りに事故にあったなどプライベートな用事で寄り道をしていた場合に保険の対象に
ならないこともあります。

この保険は社会保険制度の一環です。
健康保険と国民年金と併せて社会人の日常生活を成り立たせている大変有名な保険となっています。

これは民事上の補償です。
意図的にトラブルで相手を怪我させた場合には刑事事件となりますので、それと対照的とも言えます。

この労災保険があるので万一自分の身に何かあった時にもお金が必要になることは無く、会社員が会社を
信用して安心して会社勤めをしていけると言えるでしょう。

これに限らず、会社には従業員に給料だけでなく、様々な福利厚生によって従業員を守っています。
この保障のようなものは働く人にとって大事です。