交通事故専門の弁護士へ相談を。

交通事故:トップ

車を運転している人だけでなく、自転車や歩行者でも交通事故に遭う危険性はあります。

外に1歩出た時点で、いつ交通事故に遭遇するかはわかりませんので、
なにが起こってもいいように、事故直後の対応方法について学んでおきましょう。

そうは言っても、実際に事故に遭遇したら、自分がどう動くべきかわからなくなります。
また、事故後の処理にも色々と面倒なことも多いです。

交通事故に遭った場合には、加害者に慰謝料を請求することができます。

但し実際には保険会社から慰謝料が支払われるので、
保険会社とそれについて話し合いをすることになります。

しかし交通事故に遭うと精神的にも肉体的にも損害を受けるので、正常な判断で物事を考えることが出来ない場合もあります。

また保険会社の方では、少しでも損害額を低くしようと言葉巧みに話してきます。

事故に遭う

そのような保険会社の話しに乗せられないように、Traffic accident attorneyに相談する必要があります。
慰謝料の額は、障害等級が主な目安となります。

その点をしっかりと理解していれば、保険会社の提示した慰謝料の額に惑わされることはないと思います。
しかし話し合いをするのが難しいと感じたら、弁護士に委任をしてしまうのも良いと思います。

交通事故の被害に遭った場合には、まずは治療をすることを最優先に考える必要があります。
ですから煩雑なことは全て弁護士に任せてしまうのも、良い方法です。

弁護士

一生のうちに「交通事故に遭う確率」

交通事故総合分析センターの分析によりますと、一生のうちに人が交通事故に巻き込まれる確率は約35.8%です。

より分かりやすく表現をすると10人に3人以上となります。単純に考えると、クラスメイトのうち5人から9人位は
交通事故に見舞われています。

親戚や職場の同僚の中で、交通事故の経験がある方々もいる計算になるでしょう。
時々引き合いに出される「宝くじに当選する確率」に比べて現実的なリスクでみると、車にひかれたり、バイクに
跳ねられるリスクの方が上です。

極端な比較ではありますが、誰でもいつでも交通事故の危険に遭遇します。
マイカーを持っていないので自分は平気、と考える人々もいらっしゃいます。

しかし最近では年配のドライバーが急激に増加して来ました。
アクセルとブレーキを間違えて、年配のドライバーが運転する車が歩道に乗り上げてきたり、コンビニエンスストアや
ホームセンターに突っ込んでくる事故が多発しています。当然歩行者でも事故に見舞われる危険性はあります。