...marker...  

動的要素を含むコンテンツの総称

seo対策はインターネットを使ったマーケティング、いわゆるウェブマーケティングに欠かすことができない施策であり、現代のウェブには動画や音声、アニメーションなどのような動的容姿を持つコンテンツが多様化しています。

現代のウェブマーケティング

動画や音声などは商品やサービスの魅力を表現するの最適なもの、ユーザーは目で見て商品の良さを知ることができますし、耳で聞いてサービス内容を理解することができるなど迅速な宣伝効果を期待したい、ユーザーに対して正しい情報を正確に伝えたいときなど有利です。

音声や動画などはテキストなどの文章や静止画などと比べると表現力が高いこと、そして多くの情報を盛り込むことができるのでseo対策の中でもたびたび施策として導入が行われることが多いかと思われましが、seoの中ではこれらの動的な要素を持つコンテンツのことを「リッチコンテンツ」と呼んでいます。

リッチとは贅沢などの意味を持つ言葉になりますが、リッチコンテンツには直感的および視覚的な情報をサイトにアクセスしてきたユーザーに伝えることができる利点を持ちます。

ちなみに、リッチコンテンツは、seoやウェブマーケティングの中でたびたび登場するワードの一つです。

リンク先へのseo的効果を予防

seo対策を行うときにたびたび登場する被リンク、これは自らのウェブサイトに他のウェブサイトからのリンクそのものを意味しています。

リンクはseoの中では特別な意味を持つもので、seo対策の大半は被リンクの対策であると考える人も多いようです。

seoにおけるリンクの重要性

ただし、リンクは自社サイト内のみであれば特別な問題が生じることは少ないのですが、リンク先もしくはリンク元のサイトの検索エンジンからの評価が低下すると、自社サイトの評価が下がるなどのリスクがあります。

有用なウェブサイトからの被リンクであると思っていたのに何らかの原因により評価が下がる、ここに飛ぶリンクを張っていた自社サイトの評価が下がるのでは困ってしまいます。

自社サイトへのリンクは、有用なサイトからのものであればユーザーをリンクを辿り誘導に導くことができるわけですが、評価が低迷すれば誘導率も低下しますし、自社サイトの評価も下がります。

なお、seo対策の中にはリンクコンドームと呼ぶ用語がありますが、リンクコンドームはリンク先のリンクジュースと呼ぶseoの効果が与えられないする手法を意味するもので、現代のウェブマーケティングでは欠かせない存在になっています。

 

ホーム

seo対策をしているサイト

グーグルのキーワードツール

SEO対策でのメインの対策

ネット上で利用される技術の標準化

Webマーケティングで大切seo対策

インデックス数を増やしていく

効果的なseo対策

sitemap

リンクを集めても あまり意味がない

閲覧数が 伸びなければ意味は半減

被リンク効果を狙うもの

seo対策していないと検索結果の下位に表示

seo対策そのものは検索エンジン最適化

seo対策には様々な手法

seo対策について考え始めた方

文章コンテンツと同じようにキーワード

seo対策として相応しくない

スマートフォンサイトの重要性

seo対策としてコンバージョン

高いSEOとしての効果を期待

サイトのページへのSEO対策

リッチコンテンツ

seo対策の落とし穴

since 2012-2021 (C) rival seo  順位アップ対策は京都メディアのSEOへ