...marker...  

マーケティングに必須のseo対策

オンラインマーケティングにおいて大切なのは、適切なseo対策を施すことです。

seoとは、「検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)」の略称で、GoogleやYahooなどの検索エンジンであるキーワードが検索された時に、自分の運営しているサイトが上位に表示されるようにすることを意味するマーケティング用語です。

検索エンジンで自身のサイトを上位に表示されるようにするためには、いろいろなseoの手法があります。

たとえば、コンテンツの品質と量を改善するとか、ページの表示スピードをアップさせるなどです。

ホームページの良質化

その中でも今回は、seoのひとつであるリンクレピュテーションについて簡単に解説します。

リンクレピュテーションとは、サイトに貼られたアンカーテキストの情報をもとに、リンク先のページの内容を分析材料として、検索エンジンがサイトの評価を行うアルゴリズムのことです。

アンカーテキストとは、ページからページへ移動するリンクに使われている文字列のことを指します。

言うなれば、このアルゴリズムは、他のサイトがそのサイトをどのように評価しているかを基準にした評価方法なのです。

seo対策と禁止行為について

このような方法がなぜ、検索エンジンの表示順位におけるサイトの評価に採用されているのかと言うと、評価対象のサイトの内容だけを材料として評価を行うと、他のseo対策を実践した中身の薄いサイトが上位に表示され、検索ユーザーが高品質な情報にアクセスしにくくなる可能性があるからです。

リンクレピュテーションは、リンク先の評価を加味して評価を行うため、このような事態が起こることを防いでくれます。

このアルゴリズムを逆手に取って、有料リンクの利用やリンク交換による相互リンクでたくさんのリンクを集めて、検索順位を上げようとする行為がときたま見られますが、この行為はあまりおすすめできません。

なぜなら、この行為はGoogleのガイドラインにより正式に禁止されている行為だからです。

Web上の禁止行為

このような行為がばれると、リンク交換などで得たリンクは有効ではないリンクとして評価から外されてしまいますし、最悪の場合、規約違反として何らかのペナルティが課せられる可能性もあります。

「ばれなければいい」とたかをくくるのは簡単ですが、万一ばれてしまった時の制裁を考えれば、より安全なseo対策を地道に継続し、着実に検索順位を上げていくほうが賢明であると言えるでしょう。

 

ホーム

seo対策をしているサイト

グーグルのキーワードツール

SEO対策でのメインの対策

ネット上で利用される技術の標準化

Webマーケティングで大切seo対策

インデックス数を増やしていく

効果的なseo対策

sitemap

リンクを集めても あまり意味がない

閲覧数が 伸びなければ意味は半減

被リンク効果を狙うもの

seo対策していないと検索結果の下位に表示

seo対策そのものは検索エンジン最適化

seo対策には様々な手法

seo対策について考え始めた方

文章コンテンツと同じようにキーワード

seo対策として相応しくない

スマートフォンサイトの重要性

seo対策としてコンバージョン

高いSEOとしての効果を期待

サイトのページへのSEO対策

リッチコンテンツ

seo対策の落とし穴

since 2012-2021 (C) rival seo  順位アップ対策は京都メディアのSEOへ