...marker...  

アクセスを集めるためにできる努力

今サイト運営において、不可欠な要素となっているものに“SEO対策”があります。 大小に関わらず、ほぼ全ての企業が自らのサイトを持つ時代になりました。 携帯の機能向上にともなって、インターネットはより身近な存在となったことも、 現在のネット社会を加速させた原因でしょう。

インターネット社会

スマートフォンの普及が飛躍的にウェブへの垣根を取り払いました。それにより、世界中には無数のサイトが存在するようになりました。

自らのサイトをオープンすれば、他者に先駆けてビジネスチャンスを掴めた時代はとうの昔に過ぎ去ってしまいました。数に存在するサイトの中から、いかにあなたのサイトに光を当てるか。今、ライバルに先駆けてわずかなチャンスを掴むためには、ただサイトをオープンしているだけでは、一生勝ち組にはなれません。

いかにしてサイトへの注目を集めるか。いかにしてサイトへのアクセスを集めるか。 ということがサイトを運営する上で最需要の課題となっているのです。あなたのサイトについてもこの視点で再度見直すことをおすすめします。

サイトの入り口として重要な役割を果たすメタディスクリプション

簡単にサイトを作ることができるような時代になり、便利なツールも増えたため、知識が大してなくてもおしゃれなサイトを作ることができます。

けれど、いかにサイトの閲覧数を増やすかというところにポイントがあるということに気が付いている人はどれほどいるでしょう。時代に乗っている人はその対策をとっくにしているのです。

メタディスクリプションとは、htmlファイルに記載できるタグの一つで、位置的には<head>と</head>の間になります。

seo対策としてのメタディスクリプションでは、サイトの概要を記述することで、検索エンジンのユーザーに対してサイトの内容を分かりやすく伝えるわけです。

ユーザーに興味を持たせる

文字数としては全角124文字程度が適当だとされており、収まりきらない部分は「…」で示されます。

このタグはGoogleにサポートされているので、検索結果のスニペットの一部として使われることもあり、seo対策の効果が高まります。

但し、ページ上のコンテンツからの情報よりも、タグの情報が有効だと判断された場合に限ります。

一般的には、Googleのシステム側で自動的に作成され関連性の高い部分が表示される用になっています。

それ故、メタディスクリプションを有効に活用するには、Googleが推奨するポイントを押さえる事が大切になります。

先ず挙げられるのは、サイトの各ページにメタディスクリプションを作成することです。
その際には、各ページの内容を分かりやすく説明する記述を掲載することです。

但し、文章の形式に拘らなくても大丈夫で、タグで区別するだけでも効果があります。
特にプログラムで説明内容を作成すると、seo対策としてシステム的に親和性が
高まることが分かっています。

加えて、記載内容に関してはオリジナル性のある、質の高い内容であることがポイントになると言えます。

以上のことから、メタディスクリプションのタグを作成することは、seo対策として
高い効果があることが分かります。

肝心なのは、簡潔に分かりやすい記載にすることで、視覚的にも一目で内容を伝えることで、
検索の上位に表示されることになります。 

 

ホーム

seo対策をしているサイト

グーグルのキーワードツール

SEO対策でのメインの対策

ネット上で利用される技術の標準化

Webマーケティングで大切seo対策

インデックス数を増やしていく

効果的なseo対策

sitemap

リンクを集めても あまり意味がない

閲覧数が 伸びなければ意味は半減

被リンク効果を狙うもの

seo対策していないと検索結果の下位に表示

seo対策そのものは検索エンジン最適化

seo対策には様々な手法

seo対策について考え始めた方

文章コンテンツと同じようにキーワード

seo対策として相応しくない

スマートフォンサイトの重要性

seo対策としてコンバージョン

高いSEOとしての効果を期待

サイトのページへのSEO対策

リッチコンテンツ

seo対策の落とし穴

ドメイン方式

良質なサイトづくり

アクセスに重要な要素

since 2012-2023 (C) rival seo  順位アップ対策は京都メディアのSEOへ