...marker...  

rival seo対策

SEO対策において重要視されているのがページランクです。これは自身のサイトのランクだけでなく、バックリンクについても同様に効果があるとされています。ページランクの高いサイトからリンクを受けると、そのサイトのページランクが上がる傾向にあるためです。

ランクが上がる

そこで、推奨されるのがヤフーカテゴリーへの登録です。これはヤフーという最高に信頼度の高いサイトからリンクを受けるのと同様の効果をもちます。

ヤフーといえばみんなが知っている、利用しているサイト。つまりそれだけ有効なサイトということです。

そんなサイトからリンクを受けるということ。それは他の無作為のリンクをいくつも受けるよりもかなり大きな評価につながるのです。

また他の方法として、相互リンクの依頼やリンク販売が行われている場合があります。

しかし、ヤフーやグーグルでは、人為的なリンクの増加は違反行為としてペナルティを課しています。ペナルティを受けるとランクが圏外へと落ちてしまいます。

また、再びランクを上げるのは非常に難しいです。むやみにリンクを増やすのではなく、コンテンツやカテゴリーに配慮したサイト選びが重要です。

サイトのページへのSEO対策はsocecoskivu.org

ページの質を上げるためのSEO対策には色々なものがありますが、その中のひとつに文字数があります。検索エンジンは1ページの中に含まれる文字数を数えることで、サイトの情報量を判断しています。

しかし、SEO対策で最も良い文字の数というものはないのです。少なくても多くても、質が良くなければ意味がなくなってしまうためです。

但し、文字の数が多い場合、そのページ内に存在するキーワードの数も増えるため、検索にヒットしやすくなります。文字の数が多い方が有利であることは確かです。
SEO対策で目安とするならば、最低で1ページあたり500文字以上の文字数にするようにしましょう。

但し、文字の数が多くなると、どのような情報を伝えているのかわかりづらくなる事がありますので、注意するようにします。文字数を多くするのであれば、ユーザーにとって読みやすいように色をつけたり、文字の大きさを変えたり、見出しをつけたりすると効果的です。

見出しのタグ

文字数が少ない場合は、内容を簡潔にまとめる必要があります。読み手にとっては少々物足りないくらいの情報量が適切であると言えますが、不足しすぎるとマイナスイメージにも繋がりますので注意しましょう。

 

ホーム

seo対策をしているサイト

グーグルのキーワードツール

SEO対策でのメインの対策

ネット上で利用される技術の標準化

Webマーケティングで大切seo対策

インデックス数を増やしていく

効果的なseo対策

sitemap

リンクを集めても あまり意味がない

閲覧数が 伸びなければ意味は半減

被リンク効果を狙うもの

seo対策していないと検索結果の下位に表示

seo対策そのものは検索エンジン最適化

seo対策には様々な手法

seo対策について考え始めた方

文章コンテンツと同じようにキーワード

seo対策として相応しくない

スマートフォンサイトの重要性

seo対策としてコンバージョン

高いSEOとしての効果を期待

サイトのページへのSEO対策

since 2012-2021 (C) rival seo  順位アップ対策は京都メディアのSEOへ