...marker...  

SEO対策の裏技

巷にはSEO対策に関するハウトゥー本や
ノウハウに関するサイトが溢れています。

しかしそのどれもがリンクの獲得に関するものが
メインとなっています。

とにかくリンクを獲得することだけが重要のように
記されているものも多く見受けられますが、そのどれもが本当に重要なことを伝えていないと感じています。

SEO対策はただ闇雲にリンクを獲得すれば
いいというものではありません。

現在は、グーグルやヤフーもSEO対策への対策を
講じてきています。 SEO対策の有効なやり方というのも日々変化しています。

昨日までは効果があったやり方は、今日はまったく
機能しないということも珍しくない状況なのです。

そんな中でいつまでもリンクにばかりこだわったやり方は決して正しいとはいえません。

逆に過剰なリンクの獲得は検索エンジンから
ペナルティーを受ける危険性さえ孕んでいるのです。

SEOの危険性

サイトやブログの量産ツールは確かに便利でリンクの獲得には活躍すると感じさせてくれますが、本当に重要なポイントはこれなんです。

それについてここから解説していきたいと思います。内容を確認しながら、あなたのサイトを見直してみましょう。

ページランクで評価を上げる

あなたのサイトのページランクはいくつですか?
あなたのサイト自体のページランクを上げることで、もちろんサイト自体の評価を上げることにもつながりますし、 ページランクが高いことで、リンクの効果が高まるという効果もあります。

しかし、作ったばかりのサイトはすぐにランクを獲得することができません。時間とコンテンツを充実させて始めてランクを獲得することができるのです。

そのためには、サイトの内容を充実させることももちろん重要です。有用な情報をいかにわかりやすくサイトに入れ込むか。存分に頭を悩ませて下さい。

さらには、随時コンテンツを更新することも必要です。

しかし、それ以外にもサイトを寝かせておくことで、ドメインエイジを稼ぐという方法も一つの手ではあります。コンテンツ以外にも、ドメインエイジの古いサイトは評価が高いという結果があります。

長く問題なく続いているサイトが、良質であると評価されるのです。コンテンツの質を上げながら、良質なサイトを維持する必要があります。

タイトルを上手につけてアクセス数をのばす

Web製作をするならseo対策をしてアクセスアップを実現したいものです。

そうなると一番大切なのがタイトルのつけ方です。
検索エンジンはタイトルタグの内容を重要視するからです。

ページタイトルの付け方

そのためWeb製作をするうえでseo対策上効果的なタイトルのつけ方は、タイトルにキーワードをいれることです。

また同じ入れる場合でも、タイトルのはじめのほうに入れるのが効果的です。

また、タイトルには上位表示を狙っているキーワードを並べるだけであってはいけません。
人間がみたときにこのサイトを見てみたいと思うような魅力的なタイトルにすることが必要です。

そしてタイトルにもキーワードに関連する情報はできるだけ盛り込むようにすべきですが、長すぎるタイトルも考え物です。
長すぎると検索結果に表示されたとき、後ろのほうは切れてしまって見えないからです。

SEO対策のキーワード選択について

上記に述べたように、SEO対策で何より重要なのが、”キーワード”の選択です。
ネットを介したビジネスではほぼすべてのユーザーが何れかの検索エンジンを利用します。
たとえば、ヤフーやグーグルといったものです。
ここで検索エンジンに入力された検索ワードとあなたのサイトが設定するキーワードとを一致させることでユーザーをサイトに導くというのが、SEO対策の最もシンプルな考え方なのです。

ですからまずは、あなたのサイトがターゲットとするユーザーの言葉の傾向などを分析し、適切なキーワードを選択することが大変重要となります。

せっかくアクセスが多くあっても、そのキーワードがサイトとマッチしていなければ、とうてい大幅の売上が立つことはありません。

コンバージョンをあげるseo対策

Web製作においてはseo対策が不可欠ですが、もっと大切なことがあります。
それはコンバージョンをとるということです。

アクセスが大量にくるけれども、いっこうにコンバージョンがとれない、これでは何のためにWeb製作をしたのかがわかりません。

コンバージョンをとりやすいキーワードとは、一般的なものよりは具体的なもの、
単一キーワードよりは複合キーワードです。

たとえば「ダイエットサプリ」よりも具体的な商品名、さらに「購入」「通販」などの複合キーワードのほうが成約しやすくなります。

また具体的なキーワードのほうが競合も少なくなるので、上位表示させるのも容易でseo対策も簡単ですみます。

ソフト404とSEO対策について

上記のように、SEO対策すべきことは色々なものがあります。

その中のひとつにソフト404というものもあります。

ソフト404とは、存在しないページにアクセスした時に、サーバーから404のコードがブラウザに返されます。この数字で、ページの存在の有無を識別しているのです。

しかし、ソフト404は、時には一時的に移動している意味の302になったり成功という意味の200になったりします。

ページが存在している事になり、重複コンテンツとして扱われてしまいます。

SEO対策としては、リンク切れがないようにすることはもちろん、404が発生している場合はプログラムの見直しを行った方がよいです。

プログラミング言語で、404を返すように設定できるので、使っているプログラミング言語のレファレンスを参考にして、SEO対策をしてみるようにしましょう。

 

 

ホーム

seo対策をしているサイト

グーグルのキーワードツール

SEO対策でのメインの対策

ネット上で利用される技術の標準化

Webマーケティングで大切seo対策

インデックス数を増やしていく

効果的なseo対策

sitemap

リンクを集めても あまり意味がない

閲覧数が 伸びなければ意味は半減

被リンク効果を狙うもの

seo対策していないと検索結果の下位に表示

seo対策そのものは検索エンジン最適化

seo対策には様々な手法

seo対策について考え始めた方

文章コンテンツと同じようにキーワード

seo対策として相応しくない

スマートフォンサイトの重要性

seo対策としてコンバージョン

高いSEOとしての効果を期待

サイトのページへのSEO対策

リッチコンテンツ

seo対策の落とし穴

ドメイン方式

良質なサイトづくり

since 2012-2021 (C) rival seo  順位アップ対策は京都メディアのSEOへ